こんな会社にピッタリ!営業代行を使うのにむいている会社3選

外資系会社の日本でのアプローチ

海外ですでに成功している実績のある、中小規模の会社は、その技術力や製品で日本で成功する可能性を十分に持っています。運よく、力のある日本企業の目にとまり、日本側からアプローチがあれば良いですが、自らの力で能動的にビジネスを展開していこうと言う場合に、日本に営業体制を構築するのが良いのか悩むところです。特に、日本の商談は独特な部分があるため、海外の目線で適切な営業マンをそろえることができるまでに、試行錯誤が必要になる場合もあります。事例の中には、そういった海外のサービス会社のシステムを日本の会社へ展開する際に営業代行を活用し何社もの契約を取り付けたケースがあります。この場合、日本の法人には、海外とやり取りができる技術者を置くだけで済みます。技術は海外オリエンテッドなわけですから、外資系の会社の価値観で人選をして、全く問題はありません。

コンサルティング業などを行っている会社や個人

コンサルティング業は、顧客との直接的な接触時間が非常に長いため、一度つかんだ顧客との信頼性は、コンサルティングの業務を通して作り上げることができます。一方で、人の労働時間に比例した収入体型になっているケースが多いため、コンサルティングを行っている人を営業に出してしまうことは非常に無駄になってしまいます。また、営業人材を抱えるとしても、特に小さな会社や個人でコンサル業を行っているところは、大規模に抱えることは出来ません。営業代行を利用した事例では、代行会社自体が全国にネットワークを持ち、コンサル業の紹介だけでなく、他にも委託されている様々な商品とともに営業を掛けることができるため、効率の良い経費体系で多くの顧客の獲得に成功しています。成功報酬型の企業もあるため、中小または、個人といった規模の会社にとっても、料金の負担がしやすいところもメリットです。

エリア拡大をしたい販売会社

有る地域で成功を収めた会社が、新たな展開として別の地域で商品やサービスを販売する上で、営業代行は非常に役に立ちます。支店や拠点を立ち上げてしまうと、簡単に撤収することはできません。一方、まず、営業代行を活用し、顧客の獲得をしてから支店や拠点を立ち上げればコスト効率も高くなります。医療関連の販売会社の事例では、営業代行を活用し、提携できる医療機関のリクルートを先に行い、十分な提携先の獲得にあわせて、支店を立ち上げて成功したものがあります。他にも、近隣法人への宅配系の会社が、営業代行を活用し十分な契約企業を獲得するまでは、拠点を立ち上げず、注文分を随時トラックでまとめて移送し、契約企業が増えたところで、拠点を立ち上げて成功した事例もあります。立ち上げ時の初期コストを削減したり、継続業務が期待できる顧客の最初の契約の獲得、さらには、すばらしいけれども、自分たちでは説明が上手くできない商品を抱えている会社は、営業代行を活用してみると大きな成果を生める可能性があります。

営業代行を依頼することで、経験豊富なプロに自社の営業活動を任せられるので、より優れた営業効果を期待できます。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。