トイレつまりの原因は何?考えられる3つのこと

タンクにペットボトルを入れていませんか?

少し前ですが、トイレのタンクにペットボトルを入れるということが流行ったことがありました。それは節水になるからです。しかし、こうしたことはおすすめしません。トイレそれぞれには決まった水量があるんですよ。それを減らしてしまうということは、トイレが詰まってしまう理由になってしまうのです。場合によっては、トイレが逆流してしまう可能性だってあります。もし、今もタンクにペットボトルを入れている場合は出しましょう。節水するならば節水タイプのトイレに交換するといいですよ。

トイレットペーパー以外の紙を流していませんか?

トイレットペーパー以外の紙を流してしまうと詰まる原因になります。例えばティッシュペーパーを例に挙げてみましょう。トイレットペーパーで鼻をかんだことがある人はわかるかと思いますが、水分を含むと紙がバラバラになってしまいますよね。しかし、ティッシュペーパーは1時間水に漬けておいても紙はバラバラになることはありません。ですから、ティッシュペーパーをトイレに流すと詰まってしまうのです。紙の特性を知っていればトイレ詰まりを予防できますよね。

知らずのうちに異物を流していませんか?

これはお子さんがいる家庭でよくあるパターンなんですが、手に持っていたおもちゃを落としてしまって、知らずに流してしまうことがあります。もしかしたら悪戯で落としてしまうことだって考えられますよね。他にはトイレの芳香剤のフタや、ポケットに入っていたペンを落としてしまうパターンも考えられます。もし、異変に気づいたらすぐに使用を中止してください。そのままにしておくと、完全に詰まってしまって、業者を呼ぶしかなくなってしまいます。そうなる前に、道具(ラバーカップ)を使って詰まりを改善しましょう。

トイレ詰まりを発見したなら、ただちに対処することをおすすめします。専門の業者ならば、24時間365日の対応を行っていますから安心です。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。